海外レンタルサーバー比較

レンタルサーバーとは?

<レンタルサーバー(ホスティングサービス)とは?>
webHosting

本サイトを立ち上げてから10年余り経過してしまいました。当時は頻繁に更新もしていましたが、 近頃はほとんど放りっぱなしで今日まできてしまいました。たまたまドメイン移設の仕事があり過去に作った サイトを開けてみると、なんと見事な文字化のページに変わっていました。

基本は今も変わらないと思いますが、みんなで共有するサーバー(個人の場合は一般的)いわゆる共有サーバー そして一台丸ごと借りる専用サーバー(法人向けビジネス)そして、そして今はクラウドと変わりました。

現在私はアマゾンのAWS(クラウドコンピュータ)を使っています。これは世界規模の本格的なECサイトを 構築するには必須なサービスです。

データセンターは世界中にあって、もちろん東京にもあります。ロードバランサを利用するサーバーの多重化や データベースの多重化などにより、サービスを止めることなく本格的かつ大規模なECビジネスを提供できます。 費用は従量課金制で使ったぶんだけ費用が発生する仕組みとなっています。

使った感触は費用が抑えられるというよりひとつ上のサービス、大規模で高機能で安定したサービスを提供してくれるという感じです。

以下は10年前の私の文章です。

私は海外のサーバーを利用し始めてから10年以上になります。
比較のために国内レンタルサーバーと海外レンタルサーバーを利用していますが、国内のレンタルサーバーには物足りなさを感じます。

なぜなら、さらに高機能なサイト作ろうとすると国内のサーバーでは対応していないとか、機能が限定されているなど海外のサーバーならばあたりまえのサービスが提供されていないからです。最近では利用の自由度が狭い感じがします。

国内のサーバーがだめだとは思っていません。応答速度は有利だし、途中経路の不具合による接続不良も少ない気がします。それでも近年、有名なサイトが米国のサーバーを利用しているのは、インターネットの環境が整っているからだと考えます。

国内のサーバーは、設定価格から較べて本来の性能をあえて抑えているような感じですが、むしろ技術的な面はできるだけ見えないように配慮しているのでしょう。

国内のサーバーは操作が簡単で使いやすさを求めるあまり、本来サーバーの姿を見えなくして初心者でも使えるように提供されています。それでは基本が身に付かず、サーバー本来の性能を引き出すことはできません。

このサイトが使っているレンタルサーバーは、海外のルナールページレンタルサーバーを利用しています。 実際に利用してみて、その経験と実績をもとに最高レベルの海外のレンタルサーバーを紹介します。

レンタルサーバー(ホスティングサービス)とはホームページのためのディスク容量やメールアドレス、ブログシステム、ショッピングカート、ドメイン・サブドメイン管理さらにデーターベース機能など、ホームページ(Webアプリケーション)を運営・管理するためにさまざまな機能が提供されます。そしてインターネットの仕組みを肌で理解することができるでしょう。海外のレンタルサーバーを使いこんでいくと、MYSQなどのデーターベースと画面の連携だと思います。ショッピングカートで売り上げを上げるためにはサイトを作りこんでこそ、その性能を発揮できます。データの蓄積がデータの価値を生むからです。

→レンタルサーバーまとめ

さらに別の表現をすると、『世界中で使える自分だけのオフィスを手に入れること』と言っても過言ではないでしょう。私は、月500円で無制限のハードディスク+ブログ+ホームページ(MySQL利用)、インターネットの勉強として使っています。 →Webdisk
海外のレンタルサーバーを利用すれば、確実にスキルアップ(英語力も含めて)につながります。最初は苦労しても長い目でみれば、将来の生活の糧となり世界観も広がります。
つまりインターネットで何ができるとか、こんなことも実現できるはずという新たな発想で物事を考えることができるようになります。
※無制限のハードディスクと言っても、この場合は個人の利用を想定しています。
ファイル数が二十万を増えて処理速度が低下すると警告が表示されます。

複数のサイトビルダーが提供され簡単にホームページを作成することができます。テンプレートの種類も充実し、テーマにあったサイトを構築可能でしょう。なので初心者の方にもお勧めします。豊富なテンプレートがあるとサイト作りが楽です。
CSSでばりばりサイト作成する人には物足りないかもしれません(笑い)
※私自身ホームページの作成は、terapad、秀丸などのエディターをお勧めします。そのほうが力がつくからです。簡単と言ってもそれなりの努力は必要です。

一般的なプロバイダー(接続業者)でもホームページやメールのサービスなど提供されますが、ホームページの容量が少なかったり メールも1個しか使えないなど本格的にビジネスを始めたい人や、さらに多くのホームページを運営したい人や長く使いたい人、Webプログラミングをやりたい人には不十分です。

またルナールページレンタルサーバーは、各国言語にも対応していてもちろん日本語にも対応しています。(英語圏のホスティングは、ほとんどのサーバーが日本語に対応しています。) さらに、新規契約または契約を更新する限り、一生無料で独自ドメインが使えます。
補足:最近の海外のレンタルサーバーは基本的に多国言語対応のUTF-8の文字コードを利用します。そしてほとんどの海外レンタルサーバーは、無料の独自ドメインが提供されます。
独自ドメインでホームページを作成するならば、初心者やプロフェッショナルにかかわらず海外のレンタルサーバーをお勧めします。なぜならば、本格的に利用するならば海外のサーバーが有利だからです。確実にスキルアップにつながります。

操作はなれです。しかも最初だけ、サーバーのスペック、ツールや機能の充実そしてコストパフォーマンスなど比較すると、圧倒的に海外のレンタルサーバー(北米)が有利です。

専用サーバーについて>
ビジネスの場面では専用サーバーが選択支となるでしょう。
なぜならば業務に耐えうるスペックを求めるならば、サーバー一台を独占できる専用サーバーが必用だからです。
専用サーバーは安定した運用ができると言われますが、なにがどの程度安定しているのかとピンとこない方も多いかもしれません。
実際専用サーバーを運用してみると、このぐらいの負荷をかけると、このぐらいのレスポンスになるだろうと言うように予測できます。、実際にその通りの動作をしてくれます。逆に共有サーバーの場合突然サービスが停止したり、時々驚くほど反応が遅くなるケースが発生します。 それは、他のユーザーの負荷に影響される場合などが考えられますが、原因のほとんどはよくわかりません。
さらに、その気になればサーバーのチューニングも可能です。これはサーバーのレスポンスが蓄積データ量とともに遅くなったときには必須となるからです。

結論として安定とパフォーマンスを求めるならば、専用サーバー の利用が有利です。
反面運用コストは共有サーバーの10倍〜20倍と高価となりますが、それでもビジネスの停止が許されない場面では必須となります。
しかし、運用するためにはそれなりの知識や経験が必要です。専用サーバーを利用するケースは、アクセス数も多く海外からの攻撃(最近は中国)も発生しますし、サーバーの最適化などの保守・メンテナンスできるスキルも必要でしょう。

ベストランキングTop10

 
相互リンク募集中!     リンク集1     リンク集2     リンク集3    
Copyright (C) 2007-2014 hosting.7starweb.com , All rights reserved.
omo