海外レンタルサーバー比較

Java日記(2008年5月10日)− packageとimport

Javaでのパッケージ(package)は、簡単に言えばそのソースファイルがかたまっている場所を示しています。例えファイル名が同じでもパッケージ名が違えば、異なるファイルとして認識されます。

あ、ここで、Javaではクラスとかクラスメソッドとかいう呼び方をします。サブルーチンと言えば、ちょっと乱暴でしょうね・・・。(Javaは継承の機能などがありますんで)

<ecliseTest.java>
public class eclipseTest {
    public static void main(String[] args) { //mainは実行させるためのおまじない
        cal cal1 = new cal();//これでcal()を使えるようになる
        System.out.println("実行テスト"+cal1.kakezan(20));
    }
}

<cal.java>(値を10倍にしています)
public class cal {
  int c;
  public int kakezan(int b){
     c = 10*b;
    return c;
  }
}

eclipse上で実行すると
実行テスト200と表示されました。

次はimportとpackageをやってみようと思います。なぜかと言いますと、このあたりが実践的なプログラムの作り方だからです。

次→


Copyright (C) 2007-2008 hosting.7starweb.com , All rights reserved.
omo