海外レンタルサーバー比較

日本語について


私もうかつでしたが、海外のレンタルサーバーを勧めておきながら、日本語について触れてないのは問題でした。

現在海外のレンタルサーバーを使っているわけですから、私自身にとって日本語の問題は解決済みなわけですが・・。

これから海外のサーバーを使いたいと思っているあなたにとっては大きな問題ですね。

結論としまして、Lunarpagesレンタルサーバーは日本語は問題なく使えます。
というよりも、メジャーな海外のレンタルサーバーは世界対応なので各国言語を利用できるようになっています。

海外にメール(米国)で質問する際は、下記のサイトを利用できます。それぞれ訳文に違いがあるので、比較してみるとよいでしょう。
http://www.google.com/language_tools?hl=ja
http://honyaku.yahoo.co.jp/
http://www.excite.co.jp/world/english/


・ 以下の記述は大切なことですが、すっ飛ばしても構いませんです。

日本語サイトのホームページを作成する場合はホームページのHTMLソースの中のヘッダー部分に
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
または
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
などのようにcharsetを'euc-jp'とか'utf-8'とか記述する必要があります。
(Shift_jisも使えますが、私自身使わないしお勧め致しません)

ただし、'euc-jp'とか'utf-8'を使う場合はWindowsに付属しているメモ帳では読めませんのであしからずです。

 


Copyright (C) 2007-2008 hosting.7starweb.com , All rights reserved.
omo