海外レンタルサーバー比較

レンタルサーバーとは?

ではレンタルサーバー(ホスティング)はどのような使いかたをされるのでしょうか。

ホームページやブログを通じて仲間を増やしたい。情報発信を行う。
サーバーにMTやWordPressをインストールして自分専用のブログを作成する。
海外のレンタルサーバーは、今現在の最先端の技術がサービスされます。それによってインターネットで何ができるのか、机上の書物ではなく実際に経験することができます。

サーバー上で動作するプログラム言語(PHP,JAVA,ASP)を使って、訪問者と双方向なコミュニケーションができるインタラクティブなホームページにしたい。Web上のプログラミングを勉強する。フラッシュなどを使ってエンターティメントなサイトにすることが可能です。

インターネット上で動作するデーターベースMySQLを使って、サークル活動やイベントなど会員同士の運営に使いたい。SQL言語を勉強する。
データーベースの活用はビジネスにとって、なくてはならないものです。そのデータを解析することによって、新たなビジネス展開が可能となります。

海外サーバーの利用で英語を身近に感じ、ITにも強くなる。さらにインターネットで本格的に稼ぎ会社に頼らない生活を実現する。あなたの世界観が大きく広げられ豊かな人生が送れるでしょう。


サーバーのディスク容量や転送量を気にせずに、イラスト・動画や写真を発表したい。メールアカウントやサブドメイン作成などもほとんど制限なしに利用できるので、制限のある国内サーバーと比較してかなりの格安感があります。

などなどレンタルサーバーを利用すれば、インターネットビジネスやサークル活動などサイト運営の可能性が大きく広がってきます。さらに広告収入を得るアフィリエイトなどは、自分専用のレンタルサーバーがあれば断然有利です。
さらにIT技術者として実経験をすることは、就職にも有利になります。海外のレンタルサーバーを使っている実績があれば、あなたの評価は断然高まります。
とくに最近感じていることは、インターネットの多様性と奥の深さです。複数サーバーを管理していると、サーバー同士の連携を通して世界とつながっていることを肌で実感します。

海外のレンタルサーバーは、月500円程度でしかも1個ドメインも無料で使え、ディスク容量も無制限転送量も無制限PHP(プログラミング言語)やMySqlなどのデーターベースも付いていて、日本語の問題もなく、サーバー管理のコントロールパネルも日本語が選択でき、その他にも、簡単にホームページが作成できるテンプレートも用意され、アクセス解析のツールも数種類用意され、必要ならば日本語でのサポートも可能であると言っています。これ以上のサービスが月500円程度で、国内で存在するでしょうか。
※ディスク容量無制限、転送量も無制限とアナウウンされていますがあくまでも個人としての利用に限られます。業務で本格的に利用する場合は専用サーバーと共有サーバーの併用をお勧めします。

 
ベストランキングTop10

Copyright (C) 2007-2008 hosting.7starweb.com , All rights reserved.
omo