海外レンタルサーバー比較

ルナールページの特徴

独自ドメインが無料で1個最初からついています。これは契約を継続する限り利用できるものです。海外のレンタルサーバーでは標準になっていますが、日本国内では独自ドメインは別料金になっているところが多いようです。

ディスク容量に関しては、同じ価格帯の国内サーバーで比較すると100倍以上の容量があります。

メールアカウント(メールアドレス)は無制限に作成できるだけでなく、自動応答メールや転送メールも 無制限で作成できます。

このルナールページの設定用のコントロールパネルは、残念ながら日本語の表示がありませんが、多言語対応のCPanel11が採用され、コントロールパネルから日本語が選択できるようになりました。

(IEの場合は、表示のエンコードを「UTF-8」を選択してください。)

さらに私がルナールページを選択した理由はJSPが使えることです。同じスクリプト言語でPHPもありますが、Javaで開発したWebアプリケーションもありましたのでJavaも利用できるルナールページを利用しています。

その他には、Free Web Design Templates(Webデザインテンプレート)、データーベース、PHPやRuby、ブログやフォーラム、フォトギャラリー、WebMail、アクセス解析ツールなど、およそレンタルサーバーで一般的に提供されているものは、ほとんど標準で提供されます。

Lunarpagesでは特にコンテンツの内容に制限はありません。アダルト系も可能ですが、その場合は転送量、ディスク容量を考慮して1ランク上のサーバーで契約されることをお勧めします。


Copyright (C) 2007-2008 hosting.7starweb.com , All rights reserved.
omo